|
【PS4-SE】基礎知識2:動作環境
2017年02月8日 12:45
カテゴリー: PS4用セーブエディター

PS4用セーブエディター(以降、PS4-SE)の「動作環境」についてご説明します。

<動作環境>
PS4-SEを使うためには、以下の物が別途必要になります。
・パソコン
・USBメモリー
・PS4(本体とゲームソフト)

PS4-SEをインストールするパソコンに要求される環境は、大きく分けて3点あります。

まず、OSがWindows7/8/10(いずれも32bitおよび64bitに対応)であること。

次に、ハードディスクに空き容量があること。公式ページでは10GB以上を推奨していますが、これはパッチコードの適用時にバックアップデータ(リストア用)が保存されるためです。空き容量に応じて自分でバックアップデータの整理ができる方であれば、10GB未満でも全く問題ありません。

最後に、インターネット環境が必須となりますが、ブロードバンド環境が望ましいです。PS4はセーブデータのサイズが非常に大きく、一部のゲームでは600MBを超えているため、テザリングなどによる接続は推奨できません。

USBメモリーは、上記パソコンで使える物であれば、一般的な市販品で問題ありません。USBメモリーに特殊なフォーマットを施したりはしないので、セーブデータを保存できる空き容量さえあれば、他のデータが入っている状態でも問題ありません。

PS4本体については、現時点ではどのバージョンでも使用できます。また、PS4本体の改造や特殊なファームのインストールなどは一切不要です。


© 2017 CYBER Gadget Corporation. All Rights Reserved.


|