|
【PS4-SE】基礎知識3:インストール
2017年02月9日 16:00
カテゴリー: PS4用セーブエディター

PS4用セーブエディター(以降、PS4-SE)は、複数のパソコンにインストールして使うことができます。今回は、「インストール」についてご説明します。

<シリアルナンバー>
PS4-SEのパッケージ版を購入すると、シリアルナンバーが記載されたセットアップガイドが封入されています(CDなどのメディアは同梱されません)。

まずは、セットアップガイドに記載されたアドレスからインストーラーをダウンロードします。

ダウンロード版の場合は、購入時にシリアルナンバーとインストーラーを入手できます。

※シリアルナンバーはアクティベーション(初めての起動時)やサポートを受ける際に必要となるので、なくさないよう大切に保管してください。また、第三者に知られないよう厳重に管理してください。

<インストール>
動作環境を満たすパソコンでインストーラーを実行します。画面の指示通りに進めればインストールが完了します。

初めて起動した時にシリアルナンバーを要求されるので、購入時に入手したシリアルナンバーを入力すればアクティベーションが完了し、PS4-SEが起動します。

<複数のパソコンにインストール>
上記と同じ方法で2台目以降のパソコンにもインストールできます。1つのシリアルナンバーでインストールできるパソコンの台数に制限はありません。

ただし、複数のパソコンで使う場合でも、扱えるセーブデータのPSN IDは共通で、数はユーザーライセンス数の通りです。それぞれのパソコンで扱うセーブデータのPSN IDを変えることはできません。

例えば、1ユーザーライセンス版をノートとデスクトップの2台のパソコンにインストールしたとします。
最初にノートのPS4-SEで「未来百貨」というPSN IDのセーブデータを編集した場合、1つのユーザーライセンスに「未来百貨」が登録されます。
そのため、デスクトップでPS4-SEを開いた場合も「未来百貨」のセーブデータは編集できますが、他のPSN IDのセーブデータは編集できません。

複数のパソコンでそれぞれ異なるPSN IDのセーブデータを扱いたい場合は、それぞれ異なるシリアルナンバーのPS4-SEをインストールしてください。


© 2017 CYBER Gadget Corporation. All Rights Reserved.


|