|
【PS4-SE】基礎知識5:パッチコードの使い方
2017年03月2日 14:00
カテゴリー: PS4用セーブエディター

今回は、PS4用セーブエディター(以降、PS4-SE)のシンプルモードでパッチコードを使う方法をご説明します。

<パッチコードの使い方>
※PS4本体とUSBメモリー間でのセーブデータのコピー方法は、取扱説明書をご覧ください。

1)パッチコードを使いたいゲームのセーブデータが入ったUSBメモリーをPCに接続し、セーブエディターを起動します。

2)ゲームリストからパッチコードを使いたいゲームのセーブデータをダブルクリック、または右クリックメニューからシンプルモードを選択します。
※USBメモリー内に同一ゲームのセーブデータが複数ある場合、ゲームタイトルの左に三角が表示されます。タイトルをダブルクリックすることで、セーブデータが表示されます。

3)パッチコードリストから使いたい効果にチェックを付けて、「適用」ボタンをクリックします。
※セーブスロットが複数あるゲームの場合、スロットごとにパッチコードも異なります。選択したスロット用のパッチコードを使用してください。

4)処理状況を示すプログレスバーが閉じれば完了です。USBメモリー内にパッチコード適用済みのセーブデータが上書きされます。
※サーバーの混雑状況やご家庭の回線速度、USBメモリーの書き込み速度などにより、適用にかかる処理時間は異なります。殆どのセーブデータはファイルサイズが約10MBで、5秒程度の時間がかかりますが、FF15のセーブデータは約630MBあり、適用には20〜30分かかります。

5)USBメモリー内のセーブデータをPS4の本体ストレージにコピーします。

6)ゲームを始めて、パッチコード適用済みセーブデータをロードします。


© 2017 CYBER Gadget Corporation. All Rights Reserved.


|