|
26本目【MK3】ファイナルバブルボブル
2017年06月14日 18:00
カテゴリー: セガ・マークIII 秘技コード

発売元:セガ/機種:セガ・マークIII

久しぶりに「ギアコンバーター」またはメガドライブ純正周辺機器の「メガアダプタ」を使うことで、レトロフリーク上で遊べるセガ・マークIII用ゲーム「ファイナルバブルボブル」の秘技コードをご紹介します。

ファイナルバブルボブルは、そのゲーム性はもちろんですが、全200面のボリュームや様々な隠し要素で、非常に長く楽しめる傑作です。

ただ、全200面をクリアしてエンディングを見るには、隠し扉を探し出してクリアに必要なアイテムを集めなければならないため、かなりのやり込みが要求されます。

そこで、以下の秘技コードを用意してみました。

秘技コードファイル:MK3_Final Bubble Bobble
※コードの追加方法はコチラ

秘技コードを使う時は、いきなり全コードをONにせず、用途に合わせて徐々にONにするコードを増やしていくのがオススメですが、ちょっとだけパワーアップしたい時にオススメなのが「常に妖精」コードです。

妖精は、バブルン(もしくはボブルンのどちらか片方)の周りを回転し、接触した敵を倒してくれます。回転しているので上の段や壁越しに敵を倒すことができるので非常に役立ちます。

「常にクロス・オブ・ファイヤー」は、小ボス戦用アイテムのクロス・オブ・ファイヤーの効果を通常ステージでも使えるコードです。泡の代わりに吐く炎は障害物に影響を受けない貫通性があるため、横一列の敵を一掃できます。
ただし、一部の面では泡の上でジャンプしなければ近づけない敵がいます。また、ROUND 171以降はなぜか炎が出なくなります。そのような場合は「泡に戻す」コードを使ってください。

「全アイテム所持」コードは、ROUND 100をクリアするために必要な魔法の玉3種、ROUND 200に到達するために必要な聖なる鏡3種、魔法の鍵、魔法のろうそくを全て集めた状態にするコードです。
どれか一つでも取り逃がしているとエンディングを見ることができないので、隠し扉が見つけられなかった場合には使ってみてください。

なお、ROUND 100と200のボス戦についてですが、注意事項があります。

まず、「常に妖精」ですが、ROUND 100と200に突入する前に一旦OFFにしてください。
通常、ボス戦では妖精が消えるため、この面ではグラフィックが用意されていないようです。そのため、バブルンの周りをバブルン自身が回るなど、妖精の代わりに化けたグラフィックが表示されてしまいます。
もちろん、ONのままでもゲームが止まったりはしませんが、妖精の効果もありません。

そして、「無敵」コードですが、ボスには効きません(まさかの最終面で!)
そのため、最後は実力で戦ってください。

ボスの「すーぱーどらんく」はサンダーバブルでしかダメージを与えられませんが、「残機へらない」を使って復活を繰り返し、地道にダメージを与えれば倒すのは難しくありません。

念のため「常にサンダーバブル」コードを用意したので、どうしてもドラッグ・オブ・サンダーを取りに行く途中でやられてしまう場合は、使ってみてください。

ちなみに、サンダーバブルは通常面でも使えますが、サンダーバブルが登場しない面で使うと妖精同様にグラフィックの問題があり、サンダーの代わりに「バブルンの背中」が飛びますのでご容赦ください。

ROUND 200をクリアすると感動のエンディングです。
その内容は、ご自身の目でお確かめください。

©TAITO CORPORATION 1988


|